2020年02月22日

フィリピン旅行 1日目 SM market内のフードコートで夜御飯 かかった費用を公開

HOTELから徒歩3分圏内のところにフランチャイズ系のフードモールがあったのですがGrabの練習も兼ねてSMモール・オブ・アジアへ行きました。
SMモールは元々、靴の小売りから始まったお店の様で今年で創業61年。
フィリピン全土に進出しどこに行ってもSM Marketを見ることができると思います。
イメージ的には日本のイオン的な感じ。

因みにパサイのSMモール・オブ・アジアは大きな地球儀のオブジェがあるので間違ることがありません。

モール オブ アジアSM マーケットに限らずフィリピンではモールに入るときに必ずセキュリティーチェックを受けます。
平和ボケしている日本と違い、お国柄を感じる瞬間でした。

セキュリティーチェックと言っても躊躇する必要はありません。
刃物や爆発物などを所持していなければ普通に入ることができます。
そもそも、普通の人でそんな物騒なものを持ち込む人はいないと思いますが...💦
手荷検査に始まり金属探知を通過。

混んでいるときは鞄のジッパーを予め開いておくとスムーズです。

空港では少額両替をしました。
SMモールでも両替をすることができます。
管理人が両替をした時間帯はフィリピンタイムで約20時でした。
空港とあまりレートは変わりませんでした...

SHZhfEpZkXoGiZo1582342654_1582342669.jpg
両替をしたらいよいよ食事です。
パサイのSMモールは1フロアに飲食店がありました。
とりあえず目に留まった「SBARRO」(スバーロ)というお店に入りました。
スバーロはニューヨークで創業したお店で格安でイタリアンピザを食べることのできるお店です。




無題.jpg障害者のIDカードを提示して126.57ペソ(日本円で約253.14円)の値引きをしてもらいました。
フィリピンは障害者に優しい国だと思います。




スバーロオーダー方法はすでに陳列されている商品を指さし食べたいピース数をオーダーするだけ。
SBARROのピザはかなり肉厚で一切れで十分にお腹が満たされる大きさです。

チーズ好きなら無料でチーズをトッピングできるのもポイント。
ドリンクをつけて218ペソ(日本円で約436円)とても安いですね。

物価の安さに驚きです。

海外専用プリペイドカード


posted by 奇妙な時代に生まれて at 13:04| Comment(0) | フィリピン編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。